Windows Phoneの充電にかかる電気代はいくら?

このエントリーをはてなブックマークに追加

気になる電気代

 Windows Phoneには電気代がいくらかかるのか。実際の利用シーンを考えながら、1回の充電にかかる電気代をシュミレーションしてみました。


基本スペックは?

 今回は発売以来、高い人気を誇る「NuAns Neo」を例にシュミレーションしてみます。3350mAhという大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載し、連続待受時間は400時間にも達しています。平均的なユーザーなら、バッテリー持ちに不満を覚えることは無いスペックです。


1回フル充電の電気代は○○円!

 では、1回フル充電するのに必要な電気代はいくらでしょうか。  計算式は以下の通りです。


3.8V(電池電圧) × 3350mAh(電池容量) ÷ 1000000(kWhに変換) × 26.6kWh/円
 = 0.34円


 1回のフル充電でかかる電気代は、たった0.34円という計算結果になりました。毎日フル充電しても、1ヶ月で10.2円、1年で122円です。


現実的な1年間の電気代は?

 毎日毎日スマホをフル充電する「ヘビーユーザー」は全体のごくわずかでしょう。NuAns Neoのバッテリーは長持ちしますから、平均的なユーザーなら充電は「1日おき」でも全く問題ないはずです。その場合の1年間の電気代はいくらになるでしょうか?(1日の電池使用量を40%とします)


3.8V(電池電圧) × 3350mAh(電池容量) × 0.4(一日40%使用) ÷ 1000000(kWhに変換) × 26.6kWh/円 × 365日
 = 49.4円


 電気代は年間でわずか50円足らずということになります。月々の通信量と比べれば、微々たるものですね。コンティニウムを利用してパソコン代わりに使った場合も、PCよりも電気代はかなり安く済みそうです。


電気代を安くしよう

 Windows Phoneの電気代はごくわずかですが、家庭全体の電気代の負担は決して小さくありません。2016年4月からは電力会社を自由に選べるようになり、料金が安い会社も多数登場しています。電力会社を簡単な手続きで乗り換えることによって、5〜10%程度の料金の削減が可能です。以下の姉妹サイトで、電力会社を詳しく比較しているので、こちらもぜひ参考にしてください。


新電力比較サイト

乗り換えるだけで電気代が安くなる、お得な電力会社を紹介しています



関連記事

Windows Phoneの比較

Windowsスマホのスペックを一覧で比較


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較