Surface Phone VS Windows Phone スペックの比較

Surface Phoneとは

 2016年後半の発売が噂されているMicrosoft社のSurface Phoneを解説します。現時点でわかっている情報や、Windows Phone(特にLumiaシリーズ)と比較しながら、その特徴を明らかにしていきます。


位置づけ

 Lumiaシリーズよりも上位、フラッグシップという位置づけになるそうです。トヨタで言えばレクサスといったところですね。性能も価格もWindows Phoneの中では最上級のブランドとなりそうです。


なぜSurface Phoneなのか

 Microsoft社はLumiaというWindows Phoneのブランドを既に持っているのに、なぜ「Surface Phone」を新たに投入するのでしょうか。
 その答えは、現在のWindows Phoneのラインナップにあります。日本でも2015年末からWindows 10 Mobile搭載の端末が大量に発売されていますが、その多くはエントリーモデルです。今後、ハイスペックモデルの発売も予定されていますが、エントリー〜ミドルスペック中心というのは今後も変わらないと思います。
 海外では更にその傾向が強く、2013年の出荷台数データによればWindows Phoneが人気なのはアルゼンチン、インド、ポーランド、ウクライナといった国々で、これらの国々ではiPhoneよりも売れているといいます。なんとなく察しがつくと思いますが、こうした国々で売れるのはエントリーモデルばかりです。よって、安さを求めるユーザーがWindows Phoneを求めている、ということになります。世界的に見てこのセグメントは需要が旺盛に伸びているとはいえ、競争も激しい分野で利益が出しにくいのです。MicrosoftはSurface Phoneを投入することで、今までのWindows Phone(Lumia)に染み付いた「安物」というイメージから外れた高級モデルを売って、Windows Phone自体のブランド価値の向上を目論んでいるのではないでしょうか。


スペックは?

 では、Surface Phoneはどんなスペックになるのでしょうか。現在リークされている情報を元に、Lumia950(Lumiaのフラッグシップ)と比較してみます。


Surface Phone Lumia 950
OS Windows 10 Mobile Windows 10 Mobile
画面 5.2インチ
2560 x 1440
5.2インチ
2560 x 1440
CPU Intel製 Snapdragon 808
1.8GHz/6コア
カメラ 1500/800万画素 2000/500万画素
その他 虹彩認証センサー

 5.5インチで4K(3840×2160)のモデルも噂されています。
 CPUの詳細が気になりますが、正直あまり代わり映えはしないかな・・という印象ですね。まあそれだけLumia 950が究極のフラッグシップということなのでしょうか。



関連記事

Windows Phoneの比較

Windowsスマホのスペックを一覧で比較


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較