スティックPCとは?

スティックPCとは?


 最近メディアなどで目にする機会が増えてきた「スティックPC」という言葉。「ノートPC」が「ノート型のパソコン」なら、「スティックPC」は「棒状のパソコン」なのだろうと察しがつきますが、どうやって使うのか、そもそもどんなものなのか想像もつきにくいですよね。というわけでスティックPCをわかりやすく紹介していきます!


その名の通り

 棒状のパソコンです。
 USBフラッシュメモリーを二回り大きくしたくらいの大きさで、ちょうどスライド式のケータイ電話と同じくらいです。ポケットにも入るほどの小ささですが、中にはWindowsが入っていて、家や職場にあるパソコンと全く同じように使えます。


 この小ささを実現するために、出始めの頃はタブレット用に開発されたユニットが流用されていました。なのでハードウェア的にはタブレットに近いです(ディスプレイやバッテリーは搭載していませんが)


どうやって使うの?

 画面もキーボードも無いのに、どうやって使うんだろう?と疑問に思う人は多いです。でも、意外と簡単な話だったりします。


 テレビの画面を「ディスプレイ」として使います。テレビの裏にある「HDMI端子」にスティック型PCの本体を差し込むことで、スティックPCから映像をテレビに出力します。そうすることで、テレビの画面に見慣れた「パソコンの画面」が映し出されます。HDMI端子があれば、デスクトップPC用のディスプレイや、プロジェクターでも使えます。


 あとはキーボードやマウスを別途用意して接続すれば、「パソコン」が出来上がります。もうお分かりの通り、スティックPC単体では何もできません。


何ができるの?

 前述のとおり、家や職場にあるパソコンとほぼ同じように使えます。Windowsを搭載していますから、WordやExcelもOKです。もちろん、ネットサーフィンや動画を観るのも朝飯前。プリンターを接続すれば印刷だって出来ちゃいます。


 スペック面では「タブレットレベル」のものが多いですが、最近になって「ノートPC級」のものが続々発売されています。3Dグラフィックを多用したゲームを遊ぶにはまだまだ不十分ですが、ネットサーフィンや動画鑑賞といった用途には充分な性能です。日本の8割以上の家庭のPCの使い方に、ちゃんと対応できるスペックと言えます。


 それでいて小さくて場所を取らない。しかも値段も圧倒的に安い。もうパソコンなんか捨てちゃいましょう!


スティックPCの記事

スティックPCの比較表

スティックPCのスペックを一覧で比較できます

スティックPCのメリット・いいところ

今までのPCにはない、こんな良いところがあるんです!

スティックPCのデメリット

面倒なところもあります。

スティックPCのおすすめの使い方・利用シーン

スティック型PCだからこそできる、おすすめの使い方を提案します

スティックPCの選び方

選ぶ上でのポイントはここです!

スティックPCのQ&A

スティック型PCに関する気になる疑問にお答えします



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較