モバイルバッテリーで動くのか?!


 コンセントからmicro USBで電源を取って使うスティックPC。まるでスマホやタブレットみたいですよね。ではスマホなどと同様に、モバイルバッテリーから電源をとって駆動させることは可能なのでしょうか? 検証結果を紹介します。


今回用意したもの

 今回の検証に使ったのは以下の2つです。


cheero Power Plus 3(モバイルバッテリー)
 13400mAhと高容量のモバイルバッテリーです(iPhone6を4回フル充電できます)
 信頼性の高い日本製リチウムイオン電池を内蔵しておきながら、2980円(執筆時点)という低価格。コストパーフォーマンスがとても高いです。
 一般的なモバイルバッテリーより大きな2.0A(5V)の電流を出力します。


m-Stick MS-PS01F(スティックPC)
 スティックPCのパイオニア、マウスコンピューター製のスティックPCです。当サイトでは二番人気で、根強く支持されています。通常は電源をコンセントからmicro USBから取って使います(純正ACアダプターは5V/2.0A出力)


つないでみよう!


 というわけで、cheero Power Plus 3にm-Stick MS-PS01Fを接続しました。



動きます!


 見にくい画像で申し訳ございませんが、この通りちゃんと動きました。試しにYoutubeで動画を再生しながらセキュリティソフトでウイルススキャンをして負荷をかけても、電源が落ちることはありませんでした。2時間ほどYoutubeで映画を再生しながらモバイルバッテリーで駆動させましたが、コンセントから給電している時と変わりありません。
 なお、バッテリー残量は2時間の使用で80%以上は残っていたので、13400mAhのモバイルバッテリーなら8時間以上は駆動できると思います。


使えるモバイルバッテリーは?

 電流が弱いモバイルバッテリーでは、スティックPCを駆動させることはできないでしょう。スティックPCの純正ACアダプターは5V/2.0Aの電流を出力するので、もしモバイルバッテリーでスティックPCを使うなら「2.0A以上」で出力できるモバイルバッテリーを選んでください。


 なお、モバイルバッテリーでの動作は公式にサポートされているものではありません。自己責任で行ってください。


バッテリー内蔵モデル


Diginnos DG-M01IW
 スティックPC型ではなく無線LANルーターくらいの大きさがありますが、こちらはバッテリー内蔵です。CPU等のスペックはスティックPCと同じです。電源をつけたまま持ち歩くなら、こちらがスマートでいいですね。


関連記事


スティックPCの比較

スティックPCのスペックを一覧で比較できます

スティックPCのQ&A

スティックPCの気になる疑問を解決します



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
おもしろ
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較