テレビ用スティック型端末の比較&おすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

TV用スティック端末


 テレビに接続することで、動画コンテンツをストリーミングで楽しめる「スティック型端末」を紹介します。機種によって機能や、使える動画配信サービスに差があるので注意して比べてみてください。


スペックの比較

非表示にした列を再表示

非表示ボタン→
メーカー
名前
画像
クリックすると
拡大できます


最高画質
Youtube
Amazonビデオ
NetFlix
Hulu
ニコ動
GYAO
U-NEXT
dTV
ブラウザ

リモコン
スマホ
キーボード

映像音声出力
WiFi
有線LAN
サイズ
参考価格
購入
名前
Amazon Amazon Google Google Apple
Fire TV Stick Fire TV Chromecast Chromecast
Ultra
Apple TV Windows
スティックPC
Android
スティックPC
FHD 4K FHD 4K FHD 機種による 機種による
音声認識 音声認識 音声認識 機種による
iOSのみ
HDMI HDMI HDMI HDMI HDMI HDMI HDMI
11ac 11ac 11ac 11ac 11ac 機種による 機種による
機種による
85.9 x 30.0 x 12.6 115 x 115 x 17.8 51.8 x 51.8 x 13.5 58.2 x 58.2 x 13.7 98 x 98 x 35
4980円 11980円 4980円 9720円 17064円〜 9000円〜 5000円〜
Fire TV Stick Fire TV Chromecast Chromecast
Ultra
Apple TV Windows
スティックPC
Android
スティックPC

各製品の特徴


 それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説します。


Amazon Fire TV Stick
Amazon Fire TV Stick  迷った時のおすすめ。

 主要な動画ストリーミングサービスに対応しているので、購入してから「使いたいサービスが使えない」ということが起こりにくいです。また、音声認識リモコンに対応しているので面倒な文字入力も必要なく、スイスイと動画を探すことができます。
Amazon Fire TV
Amazon Fire TV  Fire TV Stickの上位版。
 4K動画の再生にも対応しているので、4Kテレビを買ったけど持て余している人におすすめです。

 それに加え、有線LANポートをそなえているので、WiFiルーターが離れていて回線速度が不安な環境でも安心して使えるでしょう。
Google Chromecast
Chromecast  テレビありきの道具ではなく、スマホをより便利に使うための道具という位置づけの商品です。

 スマホ(Android、iOSともに対応)と接続することでスマホの画面をテレビの大画面に映し出して動画コンテンツなどを楽しむことができます。

 ニコ動やAmazonビデオについては、少し工夫すれば視聴可能です。
Google Chromecast Ultra
Chromecast Ultra  ノーマルのChromecastの上位版。
 4K動画の再生にも対応し、有線LANポートもそなえています。
Apple TV
Apple TV  価格が高いことと、対応サービスがやや少ないのが難点。

 ふだんMacやiPhoneを使っているユーザーでも、Fire TVやChromecastの方がいいと思います。
Windows スティックPC
Windows スティックPC  Windows搭載のスティックPCです。
 通常のPCと同じようにブラウザ上で何でも出来るので、制限なくどのサービスでも利用出来ます。また、動画鑑賞だけでなくネットやOfficeなどその他の用途にも壁を感じることなく流用できます。

 動画鑑賞用途だと、キーボードでの文字入力とマウス操作がやや面倒に感じる可能性もあります。

関連記事





ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較