項目別おすすめスティックPC【迷ったらこれ!】

おすすめは?


 どの機種を選べばいいのか分からない、という人のためにおすすめをご紹介します。用途ごとに紹介するので、ご自分の使い方を頭に思い浮かべながらご覧ください。


〜目次〜
・動画鑑賞がメインなら
・動画鑑賞プラスα
(ネットやOfficeもたまに使う)
・PC代わりに使うなら



動画鑑賞がメインなら

 YoutubeやHuluなど動画ストリーミングを楽しむのが目的なら、スペックはそれほど重要ではありません。ベーシックなAtom Z3735FというCPUを搭載しているモデルでも問題ないです。


Diginnos Stick DG-STK2F(ドスパラ)
Diginnos Stick DG-STK2F
Atom Z3735F(1.33GHz/4コア) メモリー2GB ストレージ32GB 冷却:ファン

 フルHD画質で動画を鑑賞するなら、充分なスペックです。さすがに複数の動画を同時に読み込むのは難しいですが、一つずつなら問題なく最後まで再生出来ます。私もよくTVerなどで動画を見ていますが、特に問題はありません。1万円を少し越えるくらいのお値段でお買い得です。
LIVA Z N4200(ドスパラ)
LIVA Z N4200
Pentium N4200(1.1/4コア) メモリー4GB ストレージ32GB 冷却:ヒートシンク

 スティック型ではなく、手のひらサイズのPCですがスティック型よりもコスパが良いのでおすすめします。
 上の機種では対応できない、4K動画の再生もサポートしている機種です。ファンレスで完全に無音なので、動画鑑賞にピッタリです。サブのPCとして、ネットサーフィンなどにも使えるスペックです。


動画鑑賞プラスα

 ネットサーフィンやOffice(Excel、Word)などにも使うなら、1万円程度のスティックPCではかなりストレスを感じてしまいます。少し余裕のあるスペックのスティックPCを選びましょう。


Diginnos Stick DG-STK4D(ドスパラ)
Diginnos Stick DG-STK4S
Atom x5-Z8550(1.44GHz/4コア) メモリー4GB ストレージ32GB 冷却:ファン

 CPUの処理能力は上で紹介している「Atom Z3735F」の2倍程度、そして4GBのメモリーを搭載しています。開発担当者いわく「一昔前のノートPCと同等」の性能なので、ネットサーフィンなど動作の多い作業にも使えます。PCの使用頻度が少ない人がメインのPCとして使うのもおすすめです。


パソコン代わりに使う

 パソコンを処分してスティックPCに乗り換えたい、という人へのおすすめです。
 さすがに3Dゲームをプレイしたり、タブを20個開いてネットサーフィンをする・・といったヘビーな使い方には向きませんが、平均的なユーザーの使用には問題なく耐えられる性能を持っています。


Compute Stick STK2MV64CC(インテル)
Compute Stick STK2MV64CC
Core m3-6Y30(0.9GHz/2コア) メモリー4GB ストレージ64GB 冷却:ファン

 「Core m」という、Atomシリーズの約3倍の処理能力を持つ高性能CPUを搭載しています。メモリーも4GBですから、平均的なノートPCと同等のスペックです。3Dゲームなどヘビーな動作には向きませんが、多くの人がこれまでPCでやってきた作業は大抵問題なくこなせます。

 このクラスになってくると、コスパが悪いです。
 「超小型PC」も選択肢として検討してください。




関連記事

スティックPCの比較表【Windows10編】

PCと同じことが出来るWindows10搭載モデルを比較します

スティックPCの人気ランキング

売れ筋はこれ! みんなが買っている機種を教えます

スティックPCにおすすめの周辺機器・アクセサリー

一緒に必ず購入すべき周辺機器を紹介します


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較