セキュリティソフトでパソコンの盗難対策

Windows PCの盗難対策


 一部のセキュリティソフトには、「盗難対策」を謳った機能があります。そうした盗難対策機能のメリットや問題点、またパソコンの盗難リスクを解説します。



スポンサードリンク


セキュリティソフトの盗難対策機能


 まず始めに、セキュリティソフトが持つ「盗難対策機能」を解説します。


何が出来るの?


 ESETZEROスーパーセキュリティに盗難対策機能があります。
 ESETの場合、出来ることは以下の通りです。


ESET V9.0のアンチセフト管理画面(盗難紛失) ・位置特定(IPアドレスなどを利用します)
・画面のスクリーンショットを撮影
・ウェブカメラによる撮影
・端末へメッセージを送信
・Windowsユーザーアカウントをロック、個人情報を保護


 上で紹介した動作を、ESETの管理画面にログインすることで実行できます。


実はあまり役に立たないかも・・?


セキュリティソフトのアンチセフトは役に立たないかも  もしもの時に安心! と思いきや、PCの盗難対策機能には致命的な欠陥があります。


 それは、ネットに接続していなければ何も出来ない、ということです。
 上で紹介した動作は、盗まれたPCの電源が入り、更にネットに接続された場合に初めて実行できます。インターネットを通じて指令を送るため、ネットが無ければ何も出来ないのです。


 また、位置特定の精度も高くありません。私がESETで試した時には、40m程度の誤差がありました。


タブレットPCにおすすめ


タブレットで使うといいセキュリティソフトの盗難対策機能  SIMを搭載して、どこでもネットが使えるタブレットも多いですよね。


 SIMモデルの場合は、盗まれた後にネットに再接続される可能性が少々高いです(電源が入ると全国どこでも自動的にネットにつながりますから) したがって、セキュリティソフトの盗難対策機能を有効に使える可能性があります。そもそもの盗難リスクも高いですから、セキュリティソフトで盗難対策をすると良いと思います。


パソコンの盗難リスク


 続いて、パソコンの盗難について解説します。


自宅からも盗まれる?!


空き巣がパソコンを盗む  「自分は自宅でしかPCを使わないから、盗難なんて無関係だよ」  そう思っている人も多いと思いますが、そんな油断は禁物です。PCの盗難は自宅でも起きうることです。


 空き巣事件の中には、パソコンを盗まれたケースも少なくありません。
 空き巣は現金や貴金属類を盗んでいくだけでなく、「金目のもの」を獲物にすることがあります。警視庁生活安全部の資料によれば、現金・貴金属を除く「金目のもの」を盗んでいくと答えた空き巣犯は、22%いたそうです。


 実際、過去には都議会議員の事務所や、歌手の平井堅さんの自宅からノートPCが盗まれ、ニュースになったこともあります。換金しやすく、盗みやすいパソコン(特にノート、タブレット)は格好の獲物です。


過度に怯える必要は無い。でも・・


セキュリティワイヤー  空き巣事件は年間で6万件(平成24年)と膨大な件数が発生しています。
 警察庁の発表によれば、侵入手段の不動の1位は「無施錠」です。戸締まりをしっかりすれば、空き巣被害の4割を防ぐことが出来るので、まずは戸締まりの徹底を心がけましょう(同じく4割近くを締める「ガラス破り」も怖いですけどね・・)


 その上で、空き巣にパソコンを盗まれることを念頭に置いて、最低限パスワードを掛けるなどの対策を日頃から取っておきましょう。パソコンは新しく買い直すことが出来ますが、個人情報は一度誰かの手に渡ったらどうすることも出来ません。


 更に不安を感じる人は、セキュリティワイヤーを使うことをおすすめします。多くのノートPCやデスクトップPCには「セキュリティスロット」があるので、これに接続して机などに固定します。
 タブレットの場合はセキュリティスロットが無いことがほとんどなので、目に付きにくい場所や金庫に収納しておくのがよいでしょう。




関連記事


セキュリティソフトの比較


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較