パソコンのセキュリティ対策でやるべきこと一覧【Windows】

何をすればいいの?


セキュリティ対策をしなくちゃいけない!
でも、何をすればいいのかわからない!

という人のために、パソコンのセキュリティ対策として最低限やるべきことをリストにまとめました。これを読めば、何をどうすればいいのかすぐにわかります!


やるべきこと一覧


1.ウイルス対策
被害 ・ネット銀行からお金を引き出される
・ウェブカメラで部屋の様子を盗撮される
・やり取りしている情報を全てウイルス作成者に盗み見られる
対応  必ず「ウイルス対策機能(アンチウイルス)」があるセキュリティソフトを使いましょう。できるだけウイルス検出率が高いものを選びましょう。使用期間の切れたソフトは使っていても無意味です。更新は忘れずに。
関連記事 セキュリティソフトの比較
2.脆弱性対策
被害  ソフトウェアやOSの欠陥を「脆弱性(ぜいじゃくせい)」といいます。脆弱性があると、そこから攻撃を受けてウイルスに感染することもあります。
対応 ソフトウェアやOSの更新(アップデート)はこまめに行いましょう。Windows Updateは自動で実行する設定にしておくのがおすすめです。個々のソフトの更新状況を確認するのは面倒なので、脆弱性対策のしっかりしたセキュリティソフトを使うのがおすすめです。自動で更新までしてくれるソフトもあるので、漏れを防げます。
関連記事 脆弱性(セキュリティホール)対策って何をすればいいの?
3.フィッシング詐欺対策
被害 ・ネットバンキングからお金を引き出される
・通販サイトで勝手に買い物される
・オンラインゲームのアカウントを盗まれる
対応  普段から警戒しておくこと。不審なメールを開いて、言われるがままにパスワードなどを入力してはいけません。最近はブラウザに標準で対策機能が備わっているので、これを活用しながら、日頃から注意してください。
関連記事 フィッシング詐欺対策まとめ
4.Wi-Fiの盗聴対策
被害  ・Wifiの通信内容を全て盗み見られる
対応  家の中だけでWiFiを使っている人は、ルーターの「暗号化方式」を今すぐ確認してください。WPAかWPA2方式で暗号化されていない場合、通信を盗み見られる危険性があります。暗号化し、ちゃんとパスワードをかけておきましょう。
 外出先で公衆無線LAN(カフェや駅、空港などの)を利用する人は、VPNソフトを使うのがおすすめです。このソフトを使えば、通信内容を盗み見るのが難しくなります。
関連記事 情報が筒抜けになるWi-Fi / とってもすごいVPNソフトのお話

セキュリティソフト選びは

セキュリティソフトの比較

全17ソフトの機能と性能を比較します 自分で選びたいあなたに


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較