LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」って何が出来るの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに出た! Clova WAVEには何が出来るの?


LINE WAVE


 ついに販売が始まったLINEの「Clova WAVE」を解説します。何が出来るの?といって疑問を解消したいと思います。ちなみに筆者は既に1ヶ月以上にわたり実機を使っているので、その感想は「LINE「Clova WAVE」を実際に使ってみた感想」をご覧ください。




LINE WAVEとは


 まずはLINE WAVEの概要を紹介します。


 WAVEはLINEとその親会社のNAVERが共同開発するAI「Clova」を搭載したスマートスピーカーです。


 ユーザーが発した声を拾い、それをAIによって処理することでユーザーの生活をアシストします。


CHAMP


 当初は円筒形のスピーカータイプの機種のみとなりますが、将来的にはカラーの液晶ディスプレイを搭載したモデルやLINEキャラクターを模したデザインのモデルの展開も予定されています。


FACE


何が出来るの?


 まずはこちらの動画をご覧ください。



 こちらはLINEが2017年6月15日に開催した、WAVEの発表会の様子です。
 動画で「WAVEのある生活」を分かりやすく紹介しています(前半部分)


 続いて、動画では触れられていない点も交えながら、現在発表されている情報を元に「WAVEに出来ること」を紹介していきます。


音楽を聴く


 LINE WAVEは20Wのウーファー(低音用スピーカー)に5Wツイーター(高音用)を2つ搭載しており、音質にもこだわったスペックとなっています。


LINE Musicと連動


 このサラウンドシステムとLINEのAI「Clova」を生かして、これまでには無いかたちで音楽を楽しむことが出来ます。


 聴きたい楽曲名やアーティスト名を指定して曲を流すのはもちろんのこと、その時の状況にあった曲をAIが推薦してくれます。例えば「元気になる曲を流して」などとリクエストすると、それに合った曲を流してくれます。


 LINEの音楽配信サービス「LINE MUSIC」と連携しており、同サービスが提供する4000万曲という膨大な音楽の中から最適な曲をチョイスしてくれます。
 なお、LINE MUSICの利用には月額960円(学割480円)が掛かります。


 また、radikoへの対応が発表されたので、ラジオを聴くことも出来ます。


様々な情報を読み上げる


  • ニュース
  • 天気予報
  • スケジュール
  • 簡単な調べ物
  • LINEの通知の読み上げ・送信

 ユーザーが質問を投げかけることで、これらの情報を読み上げてくれます。


 上で紹介した動画では、「地球の重さはどれくらい?」と子供が質問すると、その答えを教えてくれています。簡単な調べ物なら、スマホやパソコンを開くよりも簡単そうですね。


家電の操作


 LINE WAVEの本体は赤外線通信に対応しており、赤外線を使って家電の操作が可能です。イメージとしては、「声で操れるリモコン」といったところでしょうか。


 当初は2000機種以上のテレビのコントロールに対応する他、エアコンの操作にも対応する予定だそうです。リモコンを探しに行くよりも早そうですね。


購入について


 最後に価格や購入方法について紹介します。


発売スケジュールと価格


販売期間 価格
本体のみ 14000円
LINE MUSICセット 12800円

 2017年10月5日に発売となりました。
 LINE MUSICが12ヶ月聴き放題のセットは12800円で、こちらの方が安いです。私自身LINE WAVEを1ヶ月以上使ってみてLINE MUSICの使用頻度が断トツで高いので、このセットの購入をおすすめします(1年経過後は月960円掛かる)


購入方法


 購入はAmazon楽天からできます。





関連記事



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ マカフィーのお得なクーポン(当サイト限定)
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較