iPhone iPad iPodをウイルスに感染させないために

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneとiPadのウイルス対策


 残念ながら、iPhoneやiPadで使えるウイルス対策アプリはありません。だからこそ、ユーザーの使い方次第でウイルスに感染する危険性は大きく変わります。下で紹介する5つのことを参考にして、iOSを安全に使ってください


iPhone iPad iPodのセキュリティアプリ

iOSを保護するセキュリティアプリを紹介 無料アプリが中心


ウイルス感染を防ぐ5ステップ


絶対に「脱獄」しない

 「脱獄」という改造は絶対にしてはいけません。脱獄したiPhone/iPadは一度ウイルスに感染すると、ウイルス製作者に全ての情報が筒抜けになってしまいます。セキュリティを重視するならやめましょう。


アプリのダウロードに気をつけよう

 ・公式のApp Store以外からダウンロードしない
 ・アプリ作成者は信用できる人か?


 App Store以外からアプリをインストールするのは危険です。公式App Storeでは「一応」全てのアプリが審査されているので、ウイルスが含まれたアプリは「ほぼ無い」と見て大丈夫です。しかし、何の目的で作られたか定かでがない「詐欺アプリ」が公式app storeからも多数見つかっています。アプリをインストールする前に、アプリ作成者が信用に値するかしっかりチェックしましょう。


 また、公式App Storeだと思ってアクセスしたサイトが偽サイトだった、ということもありえます。ブラウザのURLを確認するなどして注意しましょう。公式ストア以外からインストールしようとすると、「信頼されていないアプリ開発者です」という警告が表示されるので、それを一つの目安にするといいです。


怪しいサイトにアクセスしない

 なかなか難しいところではありますが、怪しい感じのするサイトにアクセスするのはやめましょう。何をもって怪しいか判断するのはとても難しいので、iPhone用の「セーフブラウザ」を活用するのも一つの手です。ウイルスやフィッシング詐欺などの危険があるサイトにアクセスしようとすると、警告を表示してくれます。標準ブラウザであるSafariにも、セーフブラウザー機能があるので、設定状況を確認してください。

詳細→ iOSのセーフブラウザー

怪しいメールは絶対に開かない

 見知らぬ人から届いたリンク付きのメールやメッセージにはとにかく気をつけてください。そのリンク先はよからぬことを引き起こす「入り口」である可能性が極めて高いです。ウイルスアプリを配布するサイトであったり、フィッシング詐欺サイトなど様々なリスクが考えられます。題名や本文を工夫して、あの手この手でメールを開封させ、リンク先にアクセスさせようとしてきますので、油断なりません。英文だけでなく日本語のメールも要注意です。


パソコンに接続する時は要注意!

 iPhone iPadもウイルスに感染するの?でも紹介しましたが、ウイルスに感染したMacにiPhoneをUSBでつなげると、iPhoneもウイルスに感染するという手口があります。なので、パソコンに接続する際は警戒が必要です。
 iPhoneを接続するパソコンには、最低限ウイルス対策ソフト(セキュリティソフト)を導入しましょう。Windowsではほとんどのユーザーがセキュリティソフトを使っていると思いますが、Macでも注意が必要です。Mac自体もウイルスに感染する時代ですから、油断は禁物です。


Windowsのセキュリティ対策

Windowsのセキュリティソフトはこちらへ

Macのセキュリティ対策

Macのセキュリティソフトを紹介しています

ウイルス以外のリスクも


 iPhone/iPadを取り巻くリスクはウイルスだけではありません。いや、むしろウイルスよりも大きなリスクがいくつもあるのです。これを機に、iPhoneのセキュリティ対策を見なおしてみませんか?


iPhone iPad iPod安全使用マニュアル

iOSをより安全に使うための方法をまとめています。


iOSのセキュリティに関する記事


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較