iPhone/iPadのセキュリティが強いと言われる理由とは?

iOSが安全だと言われる理由は?



 iPhoneやiPadが搭載するiOSは、セキュリティ面で強固だと言われています。今のところウイルス感染のリスクもほとんど無く、安心して使うことが出来ます。


 では、なぜiOSは安全と言われるのでしょうか。その理由を解き明かしていきます。





アプリのインストールに制限がある


iOSは公式Appストアからアプリを入手するから安全  iOSの場合、一般ユーザーがアプリを入手する先はApple公式の「Appストア」に限られています。


 そして、Appストアで公開されているアプリは、Appleによる厳しい審査を通過しています。もちろん、セキュリティ面での審査も行われているため、そのおかげでセキュリティ上のリスクを含むアプリをインストールしなくて済むというわけです。


 ただ、脱獄と呼ばれる不正な改造や、エンタープライズ証明書という企業向けに用意されている「抜け道」を使うことで、Appストア以外からの入手も可能です。そうしたルートからのウイルス感染も確認されています。


「サンドボックス」で強固に保護している


 iPhone/iPadのアプリは、iOSの限られた領域の中だけで動作するように、厳しく制限されています。そういった仕組みを「サンドボックス」と言います。


 この仕組みを取り入れることで万が一、不正なアプリやプログラムを中に入れてしまっても、システム全体に影響が及ぶことを防ぐことが出来ます。


 ただし、皆さんご存知の通り電話帳など個人情報へのアクセスは可能です。個人情報流出を完全に防ぐことが出来るわけではない点は注意が必要です。


標準のセキュリティ機能が充実


 iPhoneやiPadは、標準装備のセキュリティ機能が充実しています。


iPhone/iPadを探す


 紛失や盗難時に役立つ機能です。
 遠隔操作で端末の位置を特定したり、アラームを鳴らしたり、それでも端末が見つからない時は初期化することで個人情報流出を防ぐことができます。


iPhoneを探すで盗難対策


Safari


 標準装備のブラウザであるSafariには、フィッシング詐欺サイトを検知する機能がそなわっています。全ての詐欺サイトをブロックすることは出来ませんが、一定の効果を発揮してくれるでしょう。


Safariでフィッシング詐欺対策


暗号化


 iPhoneやiPadの端末内のデータは、全て暗号化されています。初期設定状態で有効で、ユーザーの意思で無効化することもできません。


端末のロック


 パスコードやTouch ID(指紋認証)で端末をロックすることができます。
 これらのロックは、FBIですら解除が難しいとされており、信頼性がとても高いです。


iOSのパスコードはFBIですら解除が難しい


問題が見つかる度に更新されている


 上で説明したような仕組みを取り揃えることで、iOSは高いセキュリティを実現しています。しかし、完璧なシステムなど存在していませんから、「穴」が見つかることもあります。


iOSは定期的な更新でセキュリティが保たれている


 こうした「穴」が見つかる度に、OSのアップデートを行うことで高い安全性を維持されるようになっています。しかも、約8割のユーザーは最新のプログラムにアップデートを行っているため、多くの人が更新プログラムをちゃんと適用しています。


 アップデートの適用があまり重視されていないAndroidでは、最新版のユーザーは全体の1%とされていますから、その差は歴然としていますね。


リスクが完全にゼロではない点は要注意


 いくつもの「防御」により高いセキュリティを実現しているiOSですが、それでも完璧ではありません。現実にウイルスはこれまでに幾度となく発見されていますし、フィッシング詐欺などの被害も相次いでいます。また、中古でも高値で取引されているため、盗難の被害も少なくありません。


 システムによる防御に頼りきるのではなく、ユーザー一人一人が普段からセキュリティ意識を持っておくことも必要です。




関連記事



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較