超小型PC/ミニPCの簡単な選び方【初心者向け】

何を見たらいいのか分からない


 超小型PC/ミニPCの比較表では、様々な機種の性能を比較表で一挙に見比べることが出来ます。しかし、項目がたくさんあり過ぎて分からなくなってしまう人も多いでしょう。
 このページでは、比較表の何を、どう見ればいいのか「ポイント」を絞ってご説明します。


ポイント1 CPUの「性能スコア」


CPUはベンチマークスコアで選ぼう  超小型PCを選ぶ上でまず見て頂きたいのが、CPUの「性能スコア」です。CPUの型番やスペックを見ても、その性能(処理能力)の差を判別するのは上級者でも難しいことです。


 そこで便利なのが「性能スコア」(ベンチマークスコア)です。この数値を見比べるだけで、そのCPUの総合的な性能が一目瞭然になるので、比較しやすいです。数値が大きなものを選べば、サクサク快適に使えます。
 目安としては、以下の表を参考にしてください。


用途 性能スコア目安
ネット、動画、メール
3000〜5000

 一般的な用途ですと、3000程度あれば「そこそこ」快適に使えるはずです。
 今お使いのPCを基準に選ぶのもいいですね。PassMarkのウェブサイトで型番を検索すると分かります。


ネットサーフィン用途なら
3000以上がおすすめ

ポイント2 メモリー

メモリーは4GBで充分

 容量が大きい方が快適に使えますが、一般的なユーザーであれば8GBあれば充分快適に使えます。4GBのモデルが多いですが、ネットサーフィンや動画鑑賞くらいならこれでも問題になることは少ないでしょう(だから4GB搭載モデルが多いのです)
 快適にネットサーフィンをしたい、あるいは動画編集等の「より負荷の大きな」作業をするなら8GB以上を選んでください。


4GBでも充分だが、
快適に使うなら8GB

ポイント3 VESAマウント対応


 ディスプレイの背面に、超小型PCの本体を設置することが出来ます。この機能を使えば、PCに取られるスペースを極限まで小さくすることが出来るので、とても良いですよ。部屋や机を広く使えます。一部モデルは対応していないのでご注意ください。


 なお、一部ディスプレイもVESAに対応していません。お持ちのディスプレイの背面を見て、穴が4つ開いているか確認しましょう。VESA非対応の場合は、机上台を活用するのがおすすめです(ディスプレイ下に本体を収納出来る)


ポイント4 光学ドライブ


 CDやDVDを使うのであれば、最初から光学ドライブが付いているモデルを選ぶのがスマートですね。ただ、後から必要になった時に外付けタイプもあるので、こだわるべき点ではないです(しかも外付けはかなり安い←リンク先参照)


ポイント5 価格


ミニPCはコスパに大きな差がある  言うまでもなく非常に大事です。


 特に超小型PCでは、性能と価格が必ずしも比例していませんから、値段もよく見比べてください。コスパが優秀なマシンもある一方で、性能のわりにかなり割高な価格設定になっているものもあります。




超小型PC/ミニPCの
比較はこちら

超小型PC/ミニPCの比較表

超小型PCを一挙に比較できます

よく分からなかった人へ

ミニPCを選ぶのは難しいという貴方に

 上で紹介した「5つのポイント」を見ても選ぶのが難しい、分からなかったという人は以下の記事を参考にしてください。私が自分で買うならどの機種を選ぶか、という視点で厳選した「おすすめ」を紹介しています。
 売れ筋の機種から選ぶのもおすすめです。


項目別おすすめ超小型PC/ミニPC

項目ごとにおすすめの超小型PC/ミニPCを紹介します

超小型PCの売れ筋・人気ランキング

当サイトで独自に集計した結果を発表します!

関連記事


超小型PC/ミニPCの比較

超小型PC関連の記事はこちら

スティックPCの比較表

スティックPCのスペックを一覧で比較できます




ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較