クレジットカードサイズのパソコン「カード型PC」とは??

カード型PC Intel Compute Cardが発表


カード型PC Intel Compute Card


 2017年1月に米国ラスベガスで開催されたCES2017にて、Intelがカード型パソコン「Compute Card」を発表しました。数年前話題になったスティックPCをも上回る省スペース製を実現した未来のパソコンを詳しく解説します。





関連記事

超小型PC/ミニPCの比較

超小型PCを一挙に比較できます

スティックPCの比較表

スティックPCのスペックを一覧で比較できます

カード型PC Intel Compute Cardとは?


クレジットカードのほどの大きさ


カード型PCはクレジットカード大のパソコン


 その名の通り、クレジットカード程のサイズのパソコンです。


 公表されたサイズは55x95mmの厚さは5mm
 クレジットカードのサイズは「53.98x85.6x0.76mm」ですから、カードを6枚半重ねたくらいの大きさ、とイメージするといいです。


 これほど小さな本体ですが、CPUやメモリー、ストレージやWi-Fi/Bluetoothのアンテナを搭載しているのでOSをインストールすれば「パソコン」として使えるという代物です。


スペックはノートPC並?


カード型PCはCore i3搭載?


 搭載されるCPUはまだ発表されていませんが、Intelの第7世代プロセッサー「Kaby Lake」になると噂されています。Intelは廉価なAtomシリーズの新規開発を凍結していますから、カード型PCが搭載するのは「Core」シリーズになる可能性が高いというわけです。


 Coreシリーズが搭載されれば、ノートPC並のスペックが期待出来ます。これほど小さな本体で、ノートPCと遜色ない処理能力を実現するとは、まさに近未来な感じがしますね。


想定される利用シーン


 カード型PCの用途を考えます。


パソコン代わりに使う


 Atomを搭載したスティックPCをサブのパソコンとして使っている人もいます。さすがにAtomではメインのPCとして使うには不満を感じる場面も出てしまいますが、Coreシリーズ搭載ともなれば話は別です。


 USBポートなどの拡張性の面ではノートPCやデスクトップPCには到底及びませんが、ネットを見るとか動画鑑賞するといった用途なら特に問題なく、パソコンとして使えそうです。


テレビに接続 動画配信を楽しむ


 先行して普及しているスティックPCは、テレビに接続して使っている人が多いです(私もそうです) YoutubeやTVerなどの動画配信サービスを、大画面で楽しむことが出来るので良いです。


 カード型PCも同様に、テレビに接続する使い方が定着するのではないでしょうか。詳細は未発表ですが、冷却用のファンを搭載しない可能性が高いので、本体を起動しても無音状態で動画鑑賞を楽しむことが出来ます。4K動画の再生に対応していれば、なお良いですね。


業務用


自販機など業務用用途に期待されるカード型PC  本機の用途として大本命なのは、業務用用途です。
 自動販売機や屋外広告に本機を組み込むことで、故障時の交換や機器の更新が容易になります。4K動画を駆使した映像広告などが期待されます。


欠点とデメリットは?


 小さいが故の弱点もあります。


従来のポートが利用できない


カード型PCではUSBは使えない  カード型PCは本体が5mmと薄いため、従来のUSBやHDMIといったポートが利用出来ません。周辺機器との接続には「USB-C plus extension」を用いるほか、独自のコネクターが用意されます。せっかくのコンパクトな本体ですが、実際にパソコンとして使う場合は電源ケーブル、HDMIなどの映像用ケーブル(そのまま接続出来ないので要コネクター?)は最低限必要になってくるので、ごちゃごちゃとしてしまいそうです。それならスティックPCでも充分ではないかという気もしなくはないです。


放熱性にやや不安


カード型PCは放熱性が不安 熱暴走は?  この薄さでは冷却用ファンを搭載できない可能性が高いので、高負荷の作業を長時間続けた場合の熱対策がやや不安です。ファンレスのスティックPCの中には、ネットサーフィン程度の軽作業でも熱暴走する機種(MS-NH1)もありましたから、こうした懸念が出て来るのは当然です。


 過去にはファンレスで文庫本サイズのPCを試したことがありますが、ファンレスでも問題はありませんでした(参考:ドスパラDG-M01IWの実機レビュー) 「ファンレス=熱に弱い」というわけではないので、熱対策の点は発売後に要チェックです。


コスパ


 小さくするにはお金が掛かります。


 価格はまだ発表されていませんが、Core m3を搭載したIntel Compute Stick(スティックPC)が4.8万円という価格なので、最低でもそれ以上になるのではないでしょうか。


 小ささは大きな魅力ですが、性能あたりのコスパも考えると超小型PCあたりの方がバランスが良さそうです。


発売時期


 スペックなどの詳細は2017年6月頃に発表。
 製品の発売も2017年半ば頃を予定しています。


 DELLやHP、lenovo、シャープなどが開発パートナーとなっているので、各社からも個別に「カード型PC」が発売されることになるでしょう(シャープは業務用かな?)


関連記事


超小型PC/ミニPCの比較

超小型PCを一挙に比較できます

スティックPCの比較表

スティックPCのスペックを一覧で比較できます




ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
おもしろ
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較