並行輸入のChromebookを買う時の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

並行輸入の注意点

 海外から直接取り寄せたり、日本のアマゾンで並行輸入品を買う時の注意点をご紹介します。
 基本的には購入したらそのまま何もせず日本国内でも使用可能なんですけど、場合によってはほんの少しだけ手を加えなければならないこともあるので、ぜひご一読を。


コンセントのプラグ形状に注意!

 私が購入したAcer C70シリーズでは、写真の通りアース用の棒が一本生えているため、通常のコンセントには使えませんでした。これは今でもデスクトップPCやディスプレイなどによく見られるタイプで、一部のChromebookもこの「3極タイプ」のコンセントプラグを採用しているようです。ちょっと厄介ですよね。


解決方法は?

 簡単です。変換プラグを間にかませるだけです。これだけで日本のコンセントにもささるようになります。
 また、写真にあるようなPC用のOAタップをお持ちの場合は変換プラグなしでそのまま使用することも可能です。私も実際OAタップ(通常の日本国内用)にさして使ってみましたが、全く問題ありませんでした。ご家庭内にOAタップがないか一度確認してみてください。

それ以外は大丈夫!

 それ以外は何も気にせず、そのまま使えます。電圧はACアダプターが勝手に変換してくれるので大丈夫ですし、初回起動時に日本語を選択できます。コンセントのプラグ形状だけ気をつければ、家電量販店で買ってきたパソコンと同じように使えるはずです。


Chromebookを比較する

11.6型Chromebookの比較 11機種

11.6型Chromebookの性能を比較します 持ち運びに便利

12型以上のChromebookの比較 6機種

12〜14型のChromebookを比較します お家で快適ネットサーフィン





ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較