Chrome OS(Chromebook)ってどんなOSなの? 従来のOSとの違い 特徴の紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

Chrome OS/Chromebookの特徴

 Chrome OSって、どんなOSなの? 以下でその特徴を詳しく説明していきます。従来のWindowsやAndroidとの違いはどういったところなのでしょうか。


「ウェブ」に特化したOS

  Chrome OSは「ウェブ」に特化したOSです。ウェブ閲覧や、ウェブアプリの使用によって様々な行動を実現してくれるOSなのです。ここが今までのOSとは根本的に異なる点です。それはどんな意味なのかというと、Chrome OSで使えるのはChromeのブラウザだけで、このブラウザ上であらゆる動作を実現できるようになっている、ということです。従来のOSとはこの点が大きく異なりますが、拡張性があるという点に関しては今後様々なアプリが開発されることで無限に拡がっていくと思います。更に、まだ実現していませんがGoogleはChrome OS上でAndroidのアプリを使えるようにすると発表しています。アプリが少なくて何もできない、という心配は今後なくなっていくでしょう。

動作が軽い

 ブラウザだけであらゆる動作が行なえることで、動作がとても軽くなっています。起動時間も圧倒的に短く、電源をいれてから10秒程度で使える状態になります。これだけ軽量なので、高性能なCPUや大容量のメモリを必要とせず、低スペックのパソコンにももってこいのOSなんです。サポートが終了したWindows XPが入っていたPCにChrome OSをインストールし直して使っている人もいるようです。

データの保存もクラウド

 あなたの大切なデータは、あなたのマシンに保存しません。Googleのクラウドサーバーに、インターネットを通じて保存し、好きな時に好きな場所からアクセスできるようになります。

ネットにつながなければ実力を発揮できない

 とにかくウェブに頼ったOSなので、インターネットに接続できない環境では従来のパソコン以上に不便を感じることになるでしょう。しかし、オフラインで何もできないのかというと、そういうわけでもありません。例えばGmailでは、最後にネットに接続した際のデータをオフラインでも利用可能です。それだけで終わらず、オフラインで作業したデータの差分はネットに接続した際に同期されるので、例えば飛行機の中でメールをチェックして返事を書くということが可能です。



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ マカフィーのお得なクーポン(当サイト限定)
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較