Chrome OS(Chromebook)にできないことと、その対策を紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Chrome OSにできないこととその対策

 Chromebookの購入を考えている人に、注意が必要なことを紹介します。まだまだ登場して間もないOSなので、できないことがたくさんあるというのが実情ですが、いずれも解決不可能な問題ではありません。以下、Chrome OSにできないこととその対策を紹介します。


Windows、Macのソフトは使えない

 OSが異なるので当然といえば当然なのですが、それによって困ることがたくさんある、ということを忘れてはいけません。まず、Microsoft officeが使えません。Word、Excel、PowerPointのアレです。ビジネス用としては致命的とも言えるのでしょうか。ただ、これは現時点での話なので、今後Chrome OSが世界中で増加していけばマイクロソフト社も対応するのではないでしょうか。
 しかし、officeについては代替策があります。例えばOffice web appsというMicrosoft社が提供しているウェブサービスを使うとか、あとはGoogleが提供しているGoogle Spreadsheets(Excel)、Google Docs(Word)そしてGoogle Slides(PowerPoint)を使えば、ブラウザ上でExcelやパワポを編集することが可能になります。ただブラウザ上での操作になるので、Windowsにインストールして使うofficeと比べると使い勝手は落ちるでしょう。

プリンターにそのまま接続できない

 USBのポートは備えているものの、そこに今までWindowsやMacで使っていたプリンターを接続しても印刷できません。印刷するには「ドライバー」が必要になるのですが、現時点でどこのメーカーもChrome OS向けのドライバーを用意していません。
 代替案は2つです。まず一つ目は「クラウドプリンター」を購入するということ。クラウドプリンターとは、ネットを介して印刷できるプリンターで、例えばスタバでコーヒーを飲みながら作業をしているあなたが、自宅のプリンターで印刷できたりするという優れものです。お持ちでない方は新しく高いプリンターを買いなおさなくてはなりません。
 二つ目に、「Google クラウド プリント コネクタ」を使う方法です。お手持ちのWindowsもしくはMac、Linuxを介してあなたのプリンターがクラウドプリンターになるというサービスです。Chromebookの他にもう1台パソコンが必要になるという欠点があります。

光学ドライブがない

 CDやDVD、ブルーレイといった光学ディスクを読み込むことができません。Windowsだと外付けで光学ドライブがあったりしますが、Chromeではそれも使えません。なので例えばChromebookに音楽を取り込みたいときは一旦、光学ドライブがあるWindowsなどでデータを読み込み、そのデータを移してやる必要があります。面倒ですよね。
 USBフラッシュメモリやUSB接続の外付けHDDやが使えたとか、Windows用のマウスは何も変わりなく使えるといった声もあるので、それらは安心して使いまわしできそうです。



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ マカフィーのお得なクーポン(当サイト限定)
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較