Chromebookをもっと楽しくする周辺機器を紹介していきます

Chromebookの周辺機器

 Chromebookで使える周辺機器を紹介していきます。とは思ったものの、まだ個人向けに国内販売が開始されていないため、サードパーティー製のChromebook向け周辺機器は全く発売されていないような状況です。なのでWindowsやMacで今まで使っていた周辺機器がChromebookに対応しているのか、ということを以下で明らかにしていきます。



USBマウス/キーボード

 Windows、Macに対応しているUSB接続のマウス/キーボードは使えます。対応済みであるということをGoogleが公式にアナウンスしていますし、ネット上では国内外の多くのユーザーが「使えた」と声をあげています。アメリカのユーザーたちの声ですが、ワイヤレスマウス/キーボードも使えるようです。CDを読み込めないので、ドライバーをインストールできないのではないかと心配される方もいると思いますが、最近のUSBマウスは差し込むだけで使えるものがほとんどなので、その心配もいらないでしょう。ただしChromebookにはPS/2端子がないので、PS/2接続するタイプのマウス/キーボードは使えないです。PS/2をUSBに変換するプラグを介すことで使えるようになるかについては未調査です。

Bluetoothマウス/キーボード

 USB接続のものと同様、対応している旨の公式アナウンスがあるので安心して使えます。

プリンター

 通常のプリンターはそのままでは使えません。詳しくはChrome OSにできないこととその対策に記載していますが、Chromebookから印刷を実行するには「Google クラウド プリント コネクタ」を使うか、クラウド対応プリンターを用意する必要があります。クラウド対応プリンターは8350円程度で購入可能なので、これを機にプリンターごと買い替えるというのも一つの手かもしれません。

外付け光学ドライブ

 CDやDVD、ブルーレイディスクなどを読み書きする光学ドライブは接続できません。よって、それらの記憶媒体からデータを読み込みたい時には別途WindowsやMacを用意しなければなりません。もしくはパソコン接続無しで光学ディスクのデータをSDカードなどにコピーできるPlextor Plexeasyを使うとよりストレスなく光学ディスクを利用できるようなるでしょう(お持ちのChromebookにSDカードスロットがある、ということが前提になりますが) こんな商品です。残念ながら日本では手に入りにくいので、購入する場合はアメリカのオークションサイト「ebay」をおすすめします。5000〜8000円(送料別)程度で販売されています。

外付けHDD

 外付けハードディスクは使えます。特に問題はなさそうです。ただ、WindowsやMacでは使える一部の拡張子には対応していないので、その点でトラブルがないとは限りません。

外付けディスプレイ

 大画面でChromebookを使いたい方には朗報です。DisplayPort、DVI、HDMI、VGAに対応しているので、Chromebookとディスプレイにそれぞれ端子があれば簡単に接続可能です。

スピーカー イヤフォン ヘッドホン

 3.5mmのイヤフォンジャックがあり、これらのデバイスに対応しています。3.5mmジャックとはウォークマンやiPodなどが対応している一般的なイヤフォンジャックです。お手持ちのスピーカー、イヤフォン、ヘッドホンが3.5mmジャックに対応していれば、Chromebookにも接続可能です。

USBハブ

 最後に。これだけUSB接続をたくさんしようとすると、ポート(差込口)が足りなくなりますよね。でもご安心を。USBハブもちゃんと使えます。




ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較