住信SBIデビットカードの特徴

住信SBIデビットカードの特徴


住信SBIネット銀行のVISAデビットカード  住信SBIデビットカードがあれば、住信SBIネット銀行の口座からお金を引き出せるだけでなく、VISAマークのあるお店でのお買い物も楽々。決済完了と同時に口座から引き落としが行われるので、現金感覚で利用が出来ます。クレジットカードは持ちたくないけど現金もあまり持ち歩きたくない、そんな方にピッタリのカードです。


 手数料などを含めて、トータルで最もお得。人気1位なのも納得の内容です。それでは詳しくみていきましょう。


公式サイト

住信SBIデビットカードのメリット


 住信SBIデビットカードは当サイトで「人気1位」の理由を詳しく解説します。


VISAデビット最高のポイント還元率


  利用額の0.6%分がポイントとして付与され、1ポイント1円に交換可能です。
 VISAデビットカードとしては最高水準の還元率を実現しています。


ATM手数料や振込手数料が安い


 デビットカードは必ず銀行口座とセットで作るものなので、カードの内容だけでなく口座の手数料を見ることが重要です。


手数料が安い住信SBIネット銀行


 住信SBI銀行の口座は私も10年以上利用していますが、他の銀行と比べて手数料が魅力的です。
 ATMからの預入手数料はいつでも無料、引き出す際は月2〜15回まで無料(ランクに応じて無料回数が決まる)で、手数料が発生する場合でも108円と他の銀行より低水準です。


 振込手数料についても、月1〜15回無料です。VISAデビットがあれば振込をする機会が激減しますが、いざという時に無料で振り込めるのは有り難いですよね。


 ちなみに、ATMの利用頻度が高い人にはセブン銀行JCBデビットがおすすめです。こちらは回数制限なく、毎日7〜19時はATM手数料が掛かりません。


非接触IC決済に対応


 また、住信SBIデビットカードは非接触IC決済にも対応しています(国内初!) デビットカードはクレジットカードと同様に、サインやパスワードが必要になることも多いです。しかし非接触IC決済では、Edyやnanacoのような電子マネーと同じように「ピッ」と専用端末にかざすだけで使えてお手軽です。


 国内で利用できるお店はIKEAなどまだ少数ですが、今後普及が見込まれています。


公式サイト

住信SBIデビットカードのデメリット


 続いて、住信SBIデビットカードのデメリットを解説します。


カードの保険が不正利用対応のみ


 不正利用に関する保障はありますが、購入した商品が何かのトラブルで破損した場合の保障(ショッピング保険)などはありません。


ポイント還元率は「最高」ではない


 VISAデビットカードとしては最高水準のポイント還元率ですが、デビットカード全体で見ると楽天銀行JCBデビットが1%還元なので、それと比べると見劣りします。


 私は楽天銀行の口座も13年ほど利用していますが、口座の手数料に関しては住信SBIの方がお得です。住信SBIの方が無料で利用できる幅が広いためです。
 ATMや振込は全然利用しない、というのであれば楽天銀行JCBデビットの方がお得ですが、そうでなければ住信SBIの方がトータルでお得になるでしょう。


申し込みについて


 カードの申し込みは公式サイトからできます。


公式サイト

申し込み資格

高校生、未成年でも申込OK

 日本国内に住所がある15歳以上の方が対象ですので、高校生・未成年でもOKです。


申し込み方法・手順


 住信SBIネット銀行の口座開設と一緒に申し込むことが出来ます。


郵送かWEBで申し込む


 18歳以上で写真付きの身分証明書(免許証、パスポートなど)をお持ちの人は、便利な「オンライン口座開設」が利用可能です。ネットで申し込んで、カードが送られてくる時に配達員に身分証明書を提示するだけでOKです。印鑑や身分証明書のコピーを送る必要がありません。


 17歳以下や、写真付きの身分証明書が無い人は郵送での手続きを選んでください。
 その場合、健康保険証などのコピーと、更に公共料金の領収書(必ず原本)を一緒に封筒に入れて申し込むことになります。公共料金の領収書は、同じ住所のご家族の名義のもので大丈夫です。


 2つも書類を用意するのは面倒だよ、という人は役所に行って住民票の写しを取ってくれば、1つで済みます。発行にはだいたい300円くらい掛かりますが、未成年でも問題なく手続きできます。


公式サイト



関連リンク

デビットカードの比較

VISAとJCBをまとめて比較できます

VISAデビットカードの比較

VISAデビットを比べるならこちらへ

JCBデビットの比較

地方銀行が発行しているカードも紹介しています

デビットカードのメリット

クレジットカードには無いメリットが盛りだくさん!