P-oneカードの作り方

P-oneカード

 「ポイントがたまりやすい・使いやすい」カードもいいですが、「そんなの面倒だ!」という方におすすめの1枚がこれ。ポケットカードが発行している『P-oneカード』なら、ショッピング利用が自動的に1%オフ!ネットショッピング、電気、ガス、水道、そして各種税金や年金まで、暮らし丸ごとお得に変えてくれるカードなんです。


P-oneカードの作り方は?

 公式サイトから選べるカードは全部で12種類ありますが、おすすめは年会費無料の「Standard」!(年会費無料で使える「FLEXY」はリボ専用カードなのでご注意を)
ここで「VISA」「MASTER」「JCB」のいずれかを選んだら、利用規約に同意して必要事項入力ページへ進みましょう。名前、住所、居住形態、勤務先情報などとあわせて、本人確認のための「運転免許証番号」の入力が必要です。入力項目はほとんどのカードと共通していますが、各初期設定については要確認。例えば「海外キャッシングを利用した場合の初期設定はリボ払い」になっていますので、任意の支払い方法に変更しておきましょう。


P-oneカードに申し込む

審査の難易度は?

 18歳以上で電話連絡可能、かつ安定収入がある方(またはその配偶者)というのがカードの発行条件です。比較的審査に通りやすいとは言われていますが、不安がある方はまずショッピング枠のみで申し込んでみましょう。専業主婦の方の場合は、まず安定した収入のあるご主人にカードを作ってもらい、家族会員カードを発行してもらうという方法もありますよ。申し込み後、カードが手元に届くまでの日数は平均して1週間ちょっとのようです。


P-oneカードに申し込む

会員特典「カーライフホッとライン」はお得!

 会員限定サービスの「カーライフホッとライン」では各種ロードサービスが利用できます。スペアタイヤ交換、ドアロック解除、ガス欠時はもちろん、自力走行ができなくなった時の宿泊費用や交通費用まで手厚く補償!これと同様のサービスを行っているJAFの場合、年会費は4000円かかりますが「カーライフホッとライン」は年間700円!カード会社のサービスって、実はかなりお得なものが多いんです。


P-oneカードに申し込む