ライフカードの作り方

ライフカード&学生専用ライフカード

 会社員、フリーター、主婦、学生など全ての層から高い支持を受ける『ライフカード』。これさえあれば国内でも海外でも困ることはありません。また、業界最高水準のポイントサービスをうたうだけあって「ポイントがたまりやすい・使いやすい」のも魅力です。


ライフカードの作り方は?

 まずは『ライフカード』『学生専用ライフカード』『ライフカード(旅行傷害保険付)』『ライフカードStylish』の中から、申し込むカードを選びましょう。もちろんおすすめは年会費無料の『ライフカード』!または『学生専用ライフカード』!
「VISA」「MASTER」「JCB」の3ブランドを決めたら、次は名前や住所、勤務先などの必要事項を記入していくことになります。おサイフケータイやETCカードなど、追加サービスを希望する場合もここで手続きを済ませておきましょう。最後は支払用の口座設定ですが、こちらはみずほやゆうちょなどの大手金融機関の他、地方銀行や信用金庫にも対応しています。



難易度は?

 18歳以上で電話連絡(ケータイ)可能なら、カード発行率は7割。比較的審査は緩いようです。実際のところ、「電話確認」は必ずしもあるわけではないみたいですが…。どちらにしても申し込んでからカードが到着するまでは最短で3日。否決される場合は5営業日以内には連絡が来るようですので、それを過ぎたあとは安心してカード到着を待ちましょう。



学生専用ライフカードって?

 最後に『学生専用ライフカード』についての補足を少ししておきます。条件は「18歳以上25歳未満の大学生、または専門学生など」で、卒業3か月前まで申し込むことができます。年会費無料で海外旅行傷害保険付き、そして事前の申し込みで海外旅行中のショッピングが5%キャッシュバックされます。卒業旅行や自分探しの旅を企画している学生さんには強い味方になってくれそうですね。親権者の同意が必要なので、申し込み前にあらかじめご両親に伝えておきましょう。