中学生はクレジットカードを作れるのか?! その疑問にズバッと回答します

中学生でも作れるクレジットカードは?


 一般的なクレジットカードは、
 18歳以上にならないと持てません。

 しかし、クレジットカードのように使える「別のカード」なら中学生でも持つことが出来ます!


中学生にはプリペイドカード!


プリペイドカードなら中学生でも作れる  「プリペイドカード」という種類のカードなら、中学生でも持つことが出来ます。


 プリペイドカードというカードは、見た目も使い方もクレジットカードと同じ。でも、カードを使う前にお金を「チャージ」する必要があります。電車に乗る時に使う、suicaやICOCAと同じ感じです。チャージした金額の分だけ、買い物に使えます。


 お店やネット通販でクレジットカードと同じように使えるので、クレジットカードを作りたいと思っている人にはピッタリだと思います。


 無料で作れるカードもあるので、次の記事を読んでみてください。
 ポイントも貯まるので、おトクですよ!


プリペイドカードの比較&おすすめ

中学生でも作れるカードを分かりやすく紹介します!

海外で使うなら


 海外旅行や留学、研修などで海外に行く時に、クレジットカードがあると便利です。そこでおすすめなのが、海外専用プリペイドカードです。その名の通り、海外だけで使えるプリペイドカードで、お金をチャージして持っていけば現地でクレジットカードと全く同じように使えるカードです。中学生でも持てます。


 例えばキャッシュパスポートという海外専用プリペイドカードなら、現地で何か困りごとがあった時に、電話で助けてくれる「ヘルプデスク」というサービスが無料で付きます。1枚持っておくと安心です。


海外留学・旅行におすすめのクレジットカード

海外限定で使える、中学生から持てる便利なクレジットカードとは?

高校生になったら


 高校生になると、プリペイドカードよりも便利なデビットカードを作ることができます。


 プリペイドカードと違って、お金をチャージする必要がありません。その代わりに、銀行の口座からお金が引き落とされます。いちいちチャージしに行かなくていいので、便利です。もちろん無料で作れます。


デビットカードの比較

高校生から作れるカードを比較します

「デビットカード」ってどんなカード?

高校生でも作れるカードはこれ 詳しく・わかりやすく説明します



クレジットカードの代わりになるもの


 中学生はクレジットカードを作ることができないのですが、カードの代わりになるようなものは世の中にたくさんあります。例えば、ネット通販で買い物をしたり、ゲームで課金するためにカードがほしいと思っている人もいるかもしれませんが、そんな人にはこんな方法をおすすめします。


銀行振り込み

 銀行に自分の口座を作って、そこからお金を振り込みます。口座を作るのは無料でできます。100円ショップかどこかで判子を買って、近くの銀行か信用金庫、JAバンク、郵便局に行って、窓口の人に「口座を作りたいんですけど」と言うだけです。おそらく身分証明書を出してほしいと言われるので、念のため学生証を持っていきましょう。銀行口座の作り方は銀行口座の作り方を見てください! 中学生におすすめの銀行も教えます。


Webmoney

 ウェブマネーというネット上のお金があります。これはコンビニに置いてある機械(ローソンのロッピーとか)で注文をして、レジでお金を払うとネット上で使えるお金を手に入れられるというもので、ネット通販やゲームの課金などに利用できます。


コンビニ支払

 アマゾンや楽天などのネット通販の場合、コンビニでお金を払う「コンビニ払い」という支払方法を選ぶことができたりします。注文はネットで済ませて、家の近くのコンビニでお金を払います。


代金引換

 「代引き(だいびき)」ともいいます。ネット通販で買った商品を宅配便で家に届けてもらうときに、宅配便業者の人にお金を渡すというやり方です。手数料が300円以上かかるのは嫌ですね。あとは家の人に代引きで買い物をしたということを伝えておかないと、トラブルの元になります。



関連記事


銀行口座の作り方

中学生におすすめの銀行を紹介します。

未成年・高校生でも作れるクレジットカード

未成年の人がクレジットカードを作るには?