【デビットカード】JCBとVISA、どっちがいいの?徹底比較!

JCBとVISAデビットカード、どっちが良いの?


デビットカード、JCBとVISAはどちらがいい?  デビットカードを作る時に気になるのが、JCBとVISAのどちらで申し込むのか、という問題です。両方とも持っている私が、体験談も交えながら徹底比較していきます!




JCBとVISAの比較


 色んな角度から比較してみます。


使い方とか


 JCBもVISAも、カードはカードですから使い方は全く同じです。
 差は全く無いと言えます。


使えるお店の数


 これが最大の違いと言えます。


 JCBは使えるけど、VISAは使えない。
 JCBは使えないけど、VISAは使える。


 そういう事はまあ多くはありませんが、ほぼカード払いで生活している私は、年に数回は経験します。


 では、どちらの方がより多くのお店で使えるのか、見てみましょう。


JCB VISA
国内
海外
×

 いずれも詳細な加盟店数は未公表ですが、世間ではこのように認識されています。


 海外でも地域によっては、JCBが問題なく使える場所もあります。
 例えば、日本から近い台湾やシンガポールは私が行った時にはJCBが使えるお店がとても多かったですし、日本人がよく行くハワイやグアムでも使えるそうです。一方、欧米では空港ぐらいでしか使えません。


 海外でも使うなら、VISAを選んだ方が無難です。
 逆に、国内だけなら差は無いと言えるでしょう。


ポイント還元率とか年会費とか


 まあこれはカードによって違うとしか言えません。


 ただ、デビットカードで先行していたVISAに対し、この分野では後発のJCBはカードを発行する会社(銀行)に有利な条件を出しているらしく、年会費やポイント還元率で見てお得なカードはJCBブランドの方が多いというのが傾向としてあります。


 実際、JCB・VISAともに発行している楽天銀行の場合、JCBが圧倒的にお得な内容になっています。


 デビットカードの比較で見比べると、なんとなく傾向が見えてきます。


結論


海外でも使うならVISA
国内だけで使うならJCB

 大きな違いは、「海外でも使えるのかどうか」という点だけです。海外でも使うなら、間違いなくVISAの方が良いです。一方、国内で使うならJCBで全く問題ありませんし、カードの内容(年会費やポイント還元率)で見るとJCBの方が上ですから、JCBを選んだ方がよいでしょう。


ベストは「2枚持ち」


 ベストなのはJCBとVISAで一枚ずつ持っておくことです。


 カードや読み取り端末の不具合で、カードが一時的に使えないということもたまにあります。私の経験談だと、なぜかユニクロのカード読み取り端末が楽天銀行のJCBデビットを受け付けなかったということがありました(先日行った時は問題なく処理できた)


 カードが増えすぎるのも考えものですが、1枚ずつ持っておくことをおすすめします。


JCBは日本の会社


JCBは日本の会社  アメリカ企業であるVISAに対し、JCBは日本の会社です。
 JCBカードを使ってあげたほうが、日本国内でお金が循環して良いのではないか、というのは個人的には思いますね。




関連記事


デビットカードの比較

JCBデビットとVISAデビットを一度に比較できます

VISAデビットカードの比較

他のVISAデビットカードと比べるならこちらへ

VISAデビットカードの作り方

作り方や手順をわかりやすく説明します

JCBデビットの比較

国内全てのJCBデビットを比較しています