ブルーライトが体に与えるダメージ

その目の疲れ、ブルーライトのせいかも?


 LED電球の光を浴び、LED液晶のパソコンやスマホ、タブレットを操作するのが日常の現代人にとって、慢性的な眼精疲労や肩こりは悩みの種。長時間の読書や運転でも目は疲れますが、液晶画面を見つめている時に起こる疲れ目の原因は、ただの肉体的疲労ではありません。


 本来空気中に散乱しやすいブルーライトを液晶画面で注視する事は、想像以上に目に負担をかけており、それによって比較的短期間で表れるのがこの「目の痛み・疲れ・網膜へのダメージ」と言った症状なのです。 ブルーライトのダメージによる現代病、と言ったところでしょうか。



詳細な科学的根拠はまだ充分でないが・・


ブルーライトがもたらす悪影響  このブルーライトに関する研究はまだ始まったばかりですから、「どれだけの量でどんな症状が出るのか」とはっきりした数値はわかっていませんが、、
「LED液晶を眺める時間が増えてから目の疲れがひどくなった」
事を実感し、眼科に駆け込む方は年々増加しています。
 それを受け、また理論上も人体への悪影響を否定できない事から、ブルーライトの使用へ警鐘を発する専門家も増え始めました。


 彼らが訴えているのは、ブルーライトを長時間浴び続けた場合に起こる「生体バランスの乱れ」です。


体内時計に影響を与える


ブルーライトは体内時計に影響を与える  ブルーライトには『サーカディアンリズム(24時間11分の体内周期)』を整える作用があります。「太陽の光を浴びるのは健康に良い」とは言いますが、太陽光の中のブルーライトによってこのリズムが整う事を経験上昔の人は知っていたのかもしれません。
 もちろん太陽光から適度な量を浴びるのと、LED液晶の人工的な光を長時間浴び続けるのとでは全く違います。徹夜仕事や寝ながらスマホなどで、昼夜問わずブルーライトを浴び続けていると、だんだん体内時計は狂ってきます。それによって頭痛や睡眠障害、慢性疲労、脳神経への影響、さまざまな体調不良を引き起こしてしまうのです。
 当然、こんな体調不良が続けば精神的にも良い影響はありませんよね。


 とは言え、もはやブルーライト対策なしでは仕事も生活もままならないという方が多いのも実際のところ。
自分に合った方法でしっかりと対策を始めてみてください。


次ページ→ ブルーライト対策の比較




関連記事

ブルーライト対策の比較

各対策法をカット率や費用やメリット・デメリットを比較します


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較