ブルーライトカット液晶保護フィルム

ブルーライトカット液晶保護フィルム

ブルーライトカット率
20〜30%
費用・価格
198円〜(スマホ)
1980円〜(タブ)
3880円〜(PC)
メリット
・購入、使用方法が手軽
・液晶画面の保護もできる
デメリット
・消耗品である
・デバイスの数だけフィルムが必要
・画面の見た目に影響を与える物が多い


 パソコンやタブレット、スマホの画面に貼るだけで簡単に対策ができるのがブルーライトカットフィルム。 「液晶画面にはとりあえずフィルムを貼る」と言うユーザーは多いですから、ディスプレイの保護も兼ねた一石二鳥の対策です。


 従来のUVカットフィルムでは紫外線より波長の長いブルーライトは防ぎきれませんでした。 こちらはフィルム自体に「ブルーライトカットを反射する」特性を持たせていますので、モニターから発せられるブルーライトは網膜の奥にまで届くことなく、目へのダメージを抑える事ができるのです。


 スマホ用なら1000円前後から購入可能ですが、液晶フィルムの価格はサイズだけでなく性能にも比例しています。 ブルーライトカット率自体は20〜30%の物がほとんどなのであまり気にする必要はありませんが、


・反射率
・透過率
・その他付加機能(防傷・防水加工など)


 などもチェックしておいてください。 反射率を抑えていない物はフィルムの反射で画面がギラつきますし、透過率によっては画面がうす暗くなって逆に目が疲れてしまいます。 また、せっかくフィルムを使うなら傷や汚れからディスプレイを守る機能もほしい所ですよね。 ですが、あまりこだわりすぎると眼鏡を買うのと同じくらいの値段になってしまいますので、あくまで「消耗品」と割り切ったうえで納得のいく物を選びましょう。


ブルーライトカット液晶保護フィルムの比較

ブルー
ライト
カット率
特徴
EF-FLBLシリーズ
42%
見やすい非光沢仕様
性能的には一番優秀なブルーライトカットの液晶保護フィルムです。
反射率も低いので画面への映り込みも軽減でき、
総合的に目の疲れを軽減できます。もちろんタッチパネル対応です。
反射率:0.9% 透過率:92% UVカット率:99.6%
サンワサプライ
26%
ん〜
上で紹介しているEF-FLBLと比べると、
カット率、反射率、透過率で劣ります。
タッチパネル対応。
反射率:4.7% 透過率:80.1% UVカット率:99.9%



関連記事

ブルーライト対策の比較

各対策法をカット率や費用やメリット・デメリットを比較します


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
おもしろ
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較