「空き家放置」によって生じる問題

空き家の放置で降りかかる災難

 「家を相続したけど住む予定はない」「転勤で数年間家を空ける」こんな理由で住宅を空き家として放置していると…さまざまな問題が起きるのをご存知でしょうか。


これからますます増える日本の空き家

深刻化していく日本の空き家問題について

資産価値の減少

 「空き家は痛みやすい」とよく言われますが、これは間違いありません。人が住んでいる限りは玄関からの出入りや窓の開閉で定期的に空気の入れ替えが行われます。これが住宅にとってどんな意味を持つかというと、湿気がこもるのを防ぎ、木材や壁、内装などの腐食を防止する効果があるのです。また水道を何年も使わないと蛇口は錆び、排水口に水が流れないと匂い・虫が発生しやすくなります。
 その他にも、人が住んでいることそのものが住宅のメンテナンスになっている部分は少なくありません。ですから空き家として放置される期間が長ければ長いほど、不動産としての資産価値は減少します。


防犯・防災上の問題

 監視の目が緩い空き家は部外者の出入りが容易です。近所の子供が入り込むくらいならそう実害はないように思えるかもしれませんが、イタズラで火遊びでもされたらそれが火災の原因になるかもしれません。動物が勝手に住み着いて繁殖すれば住宅はさらに傷みますし、悪臭や鳴き声などで近所からのクレームも出てくるでしょう。もし犯罪者の隠れ場所や犯罪そのものを行う場所として使われれば、持ち主であるあなたも何らかのトラブルに巻き込まれる可能性は大いにあります。
 このように空き家は、防災・防犯上の問題を考えるうえで無視できないリスクを抱えているのです。


経済的負担

 たとえ誰も住んでいない空き家であっても固定資産税はかかります。ただし現状では住宅用地の特例制度が適用されるため「更地にするよりは空き家を放置していた方が税金が安い」という状況ですね。ですがH27年施行の空き家対策関連法で「特定空き家」認定を受けるとそういった優遇措置は受けられなくなり、少なくとも今までの倍以上の税金を払っていくことになります。ですからもし今後一切住む予定がないのであれば、早めに売却や解体を行う方が経済的には有利です。
 もっとも、売却するならある程度の修繕費用をかけなければいけませんし、解体するにしても不法侵入者が持ち込んだ不用品などの処分は行う必要があります。どちらの場合も空き家として放置する期間が長いほど費用も手間もかかる事になるでしょう。これらを踏まえて考えると、空き家の放置が所有者にもたらす経済的メリットは何一つありません。




関連記事

空き家管理・巡回代行サービスの比較

サービスの比較はこちらへ

空き家におすすめの電力会社

電力自由化で空き家でもお得な電力会社を選べます


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
おもしろ
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較