空き家管理・巡回代行サービスの比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 文:管理人石井 2017年11月2日更新
  • トップ
  • 空家管理

空き家管理・巡回代行サービス


 相続や転勤、病気療養など様々な理由から「空き家」を抱える人が増えています。売却や賃貸に出すのも難しい場合もありますし、かといって自分で管理し続けるには大きな労力を必要とします。


 家は適切に管理しなければどんどん傷んでいきますし、放置することで地域の防犯・防災に悪影響を及ぼすこともあります。「空き家管理サービス」を利用して、空き家から自由になりましょう。



空き家管理サービスって、何をしてくれるの?

一般的なサービス内容を解説します

空き家管理サービスのメリット・デメリット

両面から見ていきます 意外な盲点も?



空き家管理サービスの比較


非表示にした列を再表示

非表示ボタン→
会社名
サービス名
ウェブサイト
対象地域
初期費用
月料金(税込)

清掃
換気
通水
雨漏り確認

郵便物回収
除草
庭木確認
外観確認
巡回頻度
標準作業時間
写真付き報告
災害発生臨時巡回
会社名
大東建託 大東建託 大東建託 NPO法人空家
空地管理センター
NPO法人空家
空地管理センター
D・Jホーム アリックスホーム 三好不動産 空き家管理舎 ALSOK
内外部巡回
サービス
外部巡回
サービス
マンション
巡回サービス
100円管理
サービス
しっかり管理
サービス
シンプルプラン 空き家管理
サービス
空き家サポート
サービス
空き家管理
サービス
HOME ALSOK
るすたくサービス
全国 全国 全国 東京・埼玉
などの一部
東京・埼玉
などの一部
南関東 南関東 福岡市近郊 四国他
0円 0円 0円 3800円 3800円 15000円
10800円 5400円 8640円 100円 4000円〜 8千円(マンション)
1万円(戸建て)
7千円(マンション)
9千円(戸建て)
7千円(マンション)
9千円(戸建て)
7560円 4320円
簡易 × 簡易 × 2000円/回 簡易 簡易 簡易 簡易 ×
60分 × 60分 × 60分 60分 60分 セットで
5400円〜
60秒 × 60秒 × 60秒 60秒 60秒 60秒
× × ×
500円〜 ○(転送は950円/月) ○(転送は千円/月)
玄関前 玄関前 × × オプション × オプション オプション
確認無料 確認無料 オプション オプション オプション
月1回 月1回 月1回 月1回 月1回〜 月1回〜 月1回〜 月1回〜 月1回〜 月1回
70分 35分 70分 ? ? 60分 ? ? ? ?
無料 無料 無料 3000円/回 3000円/回 無料 1.1万円(マンション)
1.3万円(戸建)
無料
大東建託 大東建託 大東建託 NPO法人空家
空地管理センター
NPO法人空家
空地管理センター
D・Jホーム アリックスホーム 三好不動産 空き家管理舎 ALSOK


空き家問題について

「空き家放置」によって生じる問題

空き家を放置することで降りかかる、様々な「災難」を紹介します

これからますます増える日本の空き家

深刻化していく日本の空き家問題について

空き家におすすめの電力会社

基本料金0円の会社を選んで維持コストを下げよう

空き家の活用方法


 空き家を活用する方法を紹介します。
 脅すわけではありませんが、出来る限り早く何らかの対策を打つことが最善です。待っていても状況が良くなることはありません。


売却


空き家の売却


 空き家を再び利用する機会が無いと考えられる場合は、売却を検討しましょう。


 築年数が経っているものや、物件の立地などの条件によっては売却が難しい場合も多々ありますが、一度業者の査定を受けることをおすすめします。悪質な業者に依頼すると個人情報が転売されたり、しつこく勧誘されることもあるので住友不動産販売など大手に依頼するのがおすすめです(展開地域も広いので売却もスムーズ)


賃貸・リロケーション


 将来的に空き家で暮らす予定がある場合や、愛着があって建物を維持し続けたい場合などには賃貸募集を掛けるのもおすすめです。


 注意点としては、日本では賃借人の権利が強いため、一度人に貸すと出ていってもらうのが難しいため、再び自分で住む予定がある場合などは「定期借家」「定期借地」という形で募集しましょう。期限を設けて入居してもらうことが可能です(その分、賃料はやや安くなる)


 「リロケーション」というのは転勤などで一時的に空き家になる家を、定期借家で貸し出すことです。仲介してくれる業者も多いので、活用してください。



一時貸し


空きスペースを駐車場に


 賃貸はちょっと・・という場合は、もう少し緩い形での「賃貸」もおすすめです。


 例えば「akippa」というサービスを使うと、空きスペースを時間貸しの駐車場として活用することが出来ます。貸出時に立会いなどは必要無いので、手軽に始められますね。都市部はもちろん、郊外でも意外と需要がある場合もあるようです。



民泊


 清掃などの管理、鍵の受け渡しや苦情対応、法律の壁など様々なハードルがあってなかなか難しいですが、民泊の宿として貸し出すというのも選択肢として考えられます。


解体


空き家の解体


 建物が朽廃していて再居住が難しい場合や、不法侵入など治安上の懸念がある場合は解体してしまうのも手です。


 家の大きさや周囲の環境などにもよりますが、一般的な戸建て住戸では一軒で50〜150万円程度あれば解体できます。木造では坪単価2〜3万円が相場です。


 ただし、更地にすると土地に掛かる固定資産税が6倍に上がるため、家の分の税金が無くなることを考慮しても大幅に税負担が増えます。また、土地の管理(除草、不法投棄への対応など)への責任も残ります。


 土地に価値がある場合は売却、もしくは駐車場や建物を新築するなど「次の」活用へと繋がる可能性もあります。





関連記事


スマートホーム・スマートハウスのセキュリティ対策

未来の「家」の安全性とセキュリティ対策


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ マカフィーのお得なクーポン(当サイト限定)
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較